5月20日から21日にかけて、会からMi武さんと、Tu田さんと私の3人が四国ブロ交流に参加して、天狗高原と龍馬脱藩の道を歩いて来ました。

20日の8時に円座に集合して、高松西ICより高速に乗り、須崎東ICで降りて天狗高原の高原ふれあいの家天狗荘を目指しました。
11時20分に着きました。

時間があるので、近くを散策することに。
カルスト学習館に入りました。
なんと、ここの石灰岩は赤道近くで出来て運ばれてきたとのこと。

13時から受付がありました。
四国四県から64名の参加があり、香川からは18名の参加です。
14時から<フィールドワーク>があり、我々は天狗の森コース(植物観察)に参加しました。


a0355346_18002530.jpg


a0355346_17595236.jpg


a0355346_17585231.jpg


a0355346_17580637.jpg


エビネ
ヤマシャクヤクイチリンソウなどが印象的でした。

16時から集合写真を撮って、明日のハイキングコース説明を聞いて、18時からお待ちかねの夕食・交流会が始まりました。

21日は我々の会のメンバーは、龍馬脱藩の道を歩きました。
会場から梼原を過ぎて、六丁から8時50分に歩きだしました。
竜王宮まではアスファルト道を歩いて、茶屋谷
から山道に入りました。

a0355346_18022164.jpg



ここから急な登りが続き、松ケ峠番所跡を経て、やがて下りになりました。
12時5分に高階野に着いて、昼食となりました。
峠まで1.7kmの登りをこなして、


a0355346_18031164.jpg


13時20分にやっと韮ケ峠に着きました。
総距離10.2kmを歩きました。

ここから、あらかじめ回送している車に乗って帰路につきました。
※ ここで、勘違いで松山方面に帰ることを選択してしまいました。

愛媛と徳島のグループと行動しました。
まずは、大野ヶ原の売店で、各自冷たい物を飲みました。
それから、源氏ケ駄場に登りました。
近くまで車で上がり、14時に登りだしました。

a0355346_18041995.jpg



高山植物もいくつか咲いていました。
14時20分に三角点に着きました。


a0355346_18050603.jpg


遠くに、石鎚や三本杭の山々も見えました。
14時45分に降りてきて帰路につきました。

松山ICは渋滞が予想されるので、川内ICから高速に乗って、高松西ICで降りました。
18時40分、円座に帰ってきました。

★ 始めて、龍馬脱藩の道
を歩きました。
  暑かったですが、満足しました。


a0355346_18012842.jpg








More
[PR]
by goshikinomine | 2017-05-21 19:14 | Comments(0)

5月13日から14日にかけて、小豆島の吉田の岩場で、3人で(日曜日は、4人で)里山登りとクライミングをしました。

参加者は、Mi武さんと、Tu田さん、Ma浦氏と私です。

13日の朝、8時過ぎに小豆島オートビレッジYOSHIDAに着くと、無情にも雨が降り続いています。
予報では、9時に止む予定です。
9時過ぎから、雨が止んだので、東屋でロープワークのトレーニングをしました。

懸垂下降時のバックアップのシステム
1/3のセカンドの引き上げ
1/5のセカンドの引き上げ

a0355346_06055710.jpg

セカンドとの同時懸垂(カウンターラッペル)

11時40分までしましたが、壁はまだ乾いていません。
カップ麺の昼食を食べて、まずは、里山へと、吉田富士と吉田山に登りに行くことにしました。

運動場に沿って伸びる舗装道を奥まで行くと12時57分、登山口の看板がありました。
地元の人がいたので聞くと、「猪除けの金網を外して行く」とのこと。
うっすらと踏み跡が続いています。
石垣が現れ、沢に沿って登って行きます。
途中には、看板があり、わかりやすかったです。
やがて、コルの分岐に出ました。

a0355346_06070523.jpg


まずは、吉田富士を目指しました。
広い尾根を進むと、途中ジャングルのように草に覆われた部分もありましたが、最後に岩場を登って、13時19分に吉田富士に着きました。
キャンプ場と反対側の海も見えました。


a0355346_06075825.jpg


すぐそばには、吉田山も見えます。

今度はコルまで戻って吉田山を目指しました。
途中、のように岩の間を通る所もありました。
13時42分、コルから6分で吉田山に着きました。

14時10分にキャンプ場まで戻って来ました。1時間余りで一周出来ました。

この後、テントを設営して、クライミングに向かいました。

まずは、<パーキングサイドロック>です。
まずは、「結びの春」をリードで登りました。
この後、「木にしない」をトップロープで登って移動しました。核心部のホールドがまだ湿っていました。
次は、<キュープロック>です。

a0355346_06120747.jpg

                  (「ゆうきライン」を登るTu田さん。)



ゆうきライン」をリードで登って、「小林2」をトップロープで登りました。

これで、17時近くなったので、「本日終了」となり、テント場に戻りました。
今夜は焼き肉です。
炊事場で一杯しました。       167.png

14日は、4時30分に起きました。
ジャンボフエリーの出航が14時40分だからです。
6時から12時まで登る計画です。
昨夜に一人来て、4人で登ります。
まず、<ビギナーズロック・下部>に行くと、無情にも濡れています。
すぐに、<ビギナーズロック・上部>の

a0355346_06093432.jpg

                   (「ビギナーズリッジ」を登るMi武さん。)



ビギナーズリリッジ」を私とMa浦氏がリードして、「ビギナーズフェース」をトップロープで登りました。核心部はやや左側が登りやすかったです。
この後、


a0355346_06110201.jpg

                    (「初めての旅」を登るMa浦氏。)


初めての旅」、「大阪の関」をトップロープで登りました。「大阪の関」は、強引に登りました。

その後、<夕暮れロック>に移動して、

a0355346_06041451.jpg

                    (「多情」を登る私。)



多情」をリードしました。「ひねくれ者」は、トップロープで登りましたが、乗っ越しに苦労しました。
最後に、「放流」を私とMa浦氏がリードし、他の者はトップロープで登り、「本日終了」となりました。

12時過ぎに降りてきて、テントを片付けて、入浴して帰路につきました。

★日曜は、我々以外には、高松の岳連や高松労山と香川の会が集まっていました。


a0355346_06124541.jpg

                     (キャンプ場から見た夕方の吉田山。)











[PR]
by goshikinomine | 2017-05-14 16:53 | Comments(0)

昨日、5月5日に、ブログの訪問者数が4,500人を超えました。

今回も、500人増えるのに41日かかりました。
4,000人までの500人増えるペースと同じでした。
これも、皆様方のおかげです!!
ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いします。     040.gif



a0355346_06581395.jpg



[PR]
by goshikinomine | 2017-05-06 06:37 | Comments(0)

5月2日から4日にかけて、会の山行で3人で唐松岳に登って来ました。

当初は、五竜岳までの縦走の予定でしたが、4日の朝にメンバーの一人が体調不良を訴えたので、そのまま八方尾根を下りました。

2日の朝、高松駅を8時22分発のマリンライナーで出発して、岡山、名古屋、松本、信濃大町と乗り換えて、白馬駅に15時48分に到着しました。
ここから、<八方尾根宿泊インフォメーションセンター>で予約した「八方マウントサイドヨーデル」へ歩いて向かいました。
これは、リフト、温泉、宿泊とセットになったお得な宿泊サービスでした。

3日は、8時に麓からゴンドラ、リフトと乗り継いで八方池山荘には、8時30分に着きました。
ここから、いよいよ登山の開始です。
8時55分に出発しました。
少し、雪面を歩いて、岩場、木の長い階段を登りました。

途中、不帰嶮も見えました。
岩尾根を通り、途中でアイゼンを着けて、少し急な雪面を登りました。


a0355346_10423492.jpg

                 (中央の岩の三角のピークが唐松岳。)


更に、少し長い雪面も登り、丸山を過ぎて、やっとのことでピークが見えました。

唐松岳頂上山荘には13時5分に到着しました。
小屋の申し込みを済ませて、14時に山頂に向けて出発しました。


a0355346_10421708.jpg


14時20分に唐松岳山頂に着きました。
まさに、快晴で、遠くに槍ケ岳まで見えました。
名残惜しいですが、下ることにしました。
14時30分に下り始めて、14時45分に小屋に帰って来ました。

※ 今夜は泊まり客が多いとのことで、一つの布団に3人の枕がありました。実際には、2人で寝れました。

夕食は16時50分からでした。


a0355346_10430048.jpg

(朝日に映える唐松岳。)



a0355346_10425558.jpg

(朝日に映える劔岳。)




4日は、6時から朝食を食べて、7時50分に下りました。

途中の雪面の下りでは、アイゼンに雪のダンゴが付いて苦労しながら下って、八方池山荘には10時20分に降りて来ました。
ここから、また、リフト、ゴンドラと乗り継いで、麓には11時5分に着きました。

まずは、温泉にと八方温泉に入りました。
ここも、チケットの威力で随分と割安で入れました。

白馬駅まで戻って時刻表を見ると、出発まで時間があります。
そばでも食べようと少し歩いて<そば神>という店に入りました。
もりそばがおいしかつたです。

白馬駅14時53分発の臨時特急に乗って、香西駅には22時19分に帰って来ました。

★今回は、計画通りにはいかなかったですが、連日好天に恵まれました。
 まあ、五竜岳は宿題になりました。     105.png



a0355346_10422373.jpg

                    (五竜岳へと続く縦走路。)





[PR]
by goshikinomine | 2017-05-04 22:53 | Comments(0)

5月4日、木曜日、

Ma浦氏が、峰ケ原から鷲ノ山に登りました。

のんびり登って約2時間でして。
ツツジが沢山咲いていました。
誰にも会いませんでした。

a0355346_08475859.jpg

a0355346_08480678.jpg

a0355346_08480220.jpg


a0355346_09115228.jpg



[PR]
by goshikinomine | 2017-05-04 15:43 | Comments(0)