a0355346_10255289.jpg


2016年3月5日にアルパイン・クライミングを志向する会を設立しました。
山岳同人です。

もちろん、里山から海外登山全般を網羅します。
今後とも、よろしくお願いします。

場所は、高松市です。


        ★会員を随時、募集中です。
         入会希望の方は、下記メールまで連絡して下さい。
         miyatake75794@msn.com







(写真は,拇岳の終了点直下です。)

[PR]
# by goshikinomine | 2018-12-31 10:18 | Comments(0)

2月17日から18日にかけて行われた、救助隊の伯耆大山の合同トレーニングに会から3人が参加しました。

17日は、昼前から、スキー場から大山寺に降りる林道の途中にある雪の斜面で支点の構築として、①ピッケル、②土嚢袋、③スーパーのレジ袋、④スノーバーそれぞれの実技をしました。
スノープラートを広めに作成して、雪面を踏み固めて、支点に対して下向きの力が加わるように、スリングをセットすることは大切ですが、この日は、雪がよく締まっていて、ピッケルを縦に差しても、4人で引っ張ってもびくともしませんでした。

a0355346_05032140.jpg

また、スノーボラードを作って、ロープを渡して懸垂下降もできました。

この後、場所を移動して、大山寺の上の平原でビーコンの捜索訓練もしました。

宿舎の「やまびこ荘 別館・華山」に帰ってから、室内でツエルト梱包低体温症ラッピングのやり方も教わりました。


18日は、元谷に行って、「雪崩に巻き込まれた登山者発見のシナリオで、ビーコン捜索⇒発見⇒掘り出し⇒外気を極力遮断⇒低体温症ラッピング⇒ストレッチャー搬送をしました。


a0355346_05050787.jpg

外気を極力遮断するために、体を覆っている雪を全て取り除かず、顔の部分だけ出すことを教わりました。

負傷者をストレッチャーに乗せて搬送しました。


a0355346_05042271.jpg

途中からは、替わりにザックを載せて大神山神社まで搬送して、トレーニングを終了しました。

天候は、17日は、最初吹雪でしたが、途中からは止みました。18日は、朝から春山のように快晴でした。


[PR]
# by goshikinomine | 2018-02-18 18:19 | Comments(0)

Tu原氏の報告です。

>2月12日、バイトから帰ったとたん急なお誘いがあり烏帽子へ行ってきました。
>当日朝、河内長野は3?程の積雪がありましたが、宝塚方面は晴れているとのことで出かけましたが、右の方のルートには浸み出しでベルグラが付いていました。
>それでも10名くらい居ましたが寒さで昼過ぎにはみんないなくなり、3時過ぎまでいたのは我々だけでした。大北反省会も既に誰もいなく、3名だけのさみしい反省会でした。
>本日の成果
>「夕陽コーナー」(5.8)、「桃太郎」(5.9)、「ごめんやっしゃ」(5.9)をL、「熊カンテ」(5.10a)、「太陽がいっぱい」(5.9)、「アフターバイト」(5.9)、「タイムトンネル」(5.
10a)、「ハーフ&ハーフ」(5.10a)をTrで登りさすがに寒くて終了としました。


a0355346_04520767.jpg



(写真は「太陽がいっぱい」を登るF上さんです。)


[PR]
# by goshikinomine | 2018-02-12 18:47 | Comments(0)

2月12日、祝日の振替休日。天気、晴れ時々雪。    174.png//☃

a0355346_13435141.jpg

           (赤い矢印が勝賀山。青い矢印が赤子谷登山口。麓から見る。)



妻と二人で、勝賀山に登って、新しく出来ていたトレースを辿って赤子谷まで縦走しました。

時折、粉雪が舞い、西風の強い一日でしたが、概ね晴れでした。

勝賀山の頂上部はすっかり木々が切られて、見通しが良くなっていました。
更に、<猫びたい>とか<猫の背>や<馬がえし>とかの道標も新たに設置されていました。

赤子谷までのルートも、要所にテープが付いていて、踏み跡もしっかりしていました。
袋山まで縦走が出来るようです。


a0355346_13491407.jpg



(粉雪が舞う袋山。)


[PR]
# by goshikinomine | 2018-02-12 13:45 | Comments(0)

>参加者 Ma浦氏、Tu田さん
>行程  7時     円座114BK集合出発

       820分   チェーン装着

930分   井川スキー場到着

950 ゲレンデ出発

1002分  登山口

1015分  スノーシュー装着

1135分  標高1276m、レーション

12時     ゲレンデ到着

12時30分  帰路 

1420分  塩入温泉

       1620分  114銀行着解散

   昨日の雨はあがり、寒いながらも積雪はなく予定通りに出発。トイレがあるチェーン装着場までは、スムーズに進む。チェーンがいるかいらないかくらいの道路状況だったが、安全のため装着することに。山面の雪はやや融雪気味で下方に滑り気味である。標高1000mを超えるころには、凍結部分もみられた。

   駐車場で登山準備をしていると、スキーにきた家族に「登るんですか?」と驚かれながらも「安全第一で!」と声をかけていただき、嬉しくなった。さすがに、スキー場のなでしこコースを歩いて登り始めると、スキーヤーたちの好奇の視線。

 

a0355346_08004434.jpg


新雪で覆われた登山口はいきなりツボ足の急登で、今日は誰も歩いていないらしい。2番手で歩いてはいるものの膝まで沈み、土田はすぐにスノーシューを装着。そこからは、ラッセルを交替しながら進む。

  

a0355346_08004074.jpg


11
時をコースタイム確認時間に設定し、谷を回りこみながら進む。昨日が雨であった可能性もあり雪崩を心配していたが、計算上30度を超える斜度になるところはなく、慎重に、だが心配なく進む。標高1276m地点にてレーションを取り、頂上までの予測時刻を検討する。地図上では残り800mほどあり、このペースでのラッセルでは、1時間半から2時間要すると思われ、ここを終了点とし
下山することとした。

  

a0355346_08004934.jpg


駐車場に着いた時には、車にかなりの積雪があった。そんな中、車で下山途中に離合した車がスリップをして登れなくなり、前後の車の人たち67人で雪をかいたりタイヤの下に杉の葉やマットを敷いて押したりした。スタッドレスタイヤのようには見受けられなかったが、4輪駆動でもなくチェーンも持っていないとのこと。あまりの無防備さにみんな驚きを隠せなかった。

今回の山行は、ラッセルは疲れたが、いいトレーニングになった。3~4名でパーティーを組めたら疲労度は違うだろうと思われた。だが、雪道の歩き方、体重移動の仕方が少し理解できたように思う。


[PR]
# by goshikinomine | 2018-02-11 18:00 | Comments(0)

2月3日、土曜日。天気、曇り時々晴れ。

<土曜日は、紅ノ峰>に行って来ました。

風は、先月よりは穏やかで、西のエリアも暖かく登れました。

参加者は、徳島から、So田氏と先月に引き続いてのSa藤氏と、Yo原さんと私との4名。

他には、高知からと京都からのそれぞれの2人パーティーと、賑っていました。

登ったルートは、「初級ルート」をリードで登って、他のメンバーはトップロープで登りました。
この後、「凹角ルート」、「ルンルンフェース」、「出だしのチムニー」、「ナッツの9番」をトップロープで登りました。
最後に、「ルーキーフェース」をリードで登り、他のメンバーはトップロープで登って「本日終了」となりました。






[PR]
# by goshikinomine | 2018-02-03 17:27 | Comments(0)

2月2日に訪問者数が9,500人を越えました。

今回、500人を越えるのに、要した日にちは、なんと! 8日間だけでした!!

過去最短でした。

この間も毎日大勢の訪問者がありました。

今後とも、よろしくお願いします。 040.gif


a0355346_17342673.jpg

[PR]
# by goshikinomine | 2018-02-02 21:57 | Comments(0)

1月27日、土曜日。天気、晴れ。微風。   174.png

職場の同僚と女木島へ行って、チーズフォンデューを食べました。

昨年は、ワインを入れ過ぎたので、今回は、最初適量を入れましたが、

a0355346_09242670.jpg

すぐにチーズがトロトロになってしまったので、2回目は倍の量を入れました。

a0355346_09243440.jpg

最後は、鍋の中に全ての具材を入れました。
おいしくいただけました。


[PR]
# by goshikinomine | 2018-01-28 08:52 | Comments(0)